パーティーバッグが小さくて荷物が入りきらない場合は?

フォーマルなサブバッグを利用して

パーティーバッグはこぶりなデザインのものが多く、荷物が全て入りきらない場合もあります。そんな時はサブバッグを利用しましょう。

サブバッグは原則として結婚式、披露宴会場には持ち込まないのがマナーなので、式と披露宴で使う必要最低限のもの(ご祝儀、携帯電話、簡単なメイク直しグッズ、ハンカチ、ティッシュ等)だけパーティーバッグに入れ、あとはサブバッグに入れてクロークに預けます。

どうせクロークに預けてしまうのだからと、サブバッグにショップの紙袋を使っている人を時々見かけますが、これはマナー違反。サブバッグもきちんとドレスと格を合わせ、ビニールや綿、麻などのカジュアルな素材は避けて、サテンなどの光沢のある素材で作られた、パーティーにふさわしいものを準備して。A4サイズの大きさのトート型のバッグが一般的でアクセサリーショップなどでも販売されているので、ブラックやベージュのベーシックなデザインのものを一つ用意しておくと、どんなドレスにも合わせて使い回せます。

たくさん荷物が入るようにパーティーバッグ自体を大きいものにする選択肢もありますが、基本的にパーティーバッグは小さい方がかわいくておしゃれ。ドレスとのバランスを考えて、サブバッグとの併用が断然オススメです

結婚式お呼ばれのパーティードレス・衣装マナーのトップ | 結婚式およばれ攻略マニュアルトップ