ドレスコードが「セミフォーマル」の場合の装いは?

セミフォーマル=準礼装。結婚式のゲストのような装いで。

「セミフォーマル」とは、最高位のフォーマル(正礼装)に準ずる装いの準礼装のこと。一般的に結婚式のゲストの装いがこれにあたります。また、格式の高いホテルや会場で行われるパーティーなどでは、この「セミフォーマル」がドレスコードになることがあります。

昼のパーティーの場合は、生地に光沢感の少ないひざ丈やひざ下丈のドレスを着用します。くるぶしまで丈のあるものは夜用なので基本的にはNG。パンツスーツもOKですが、結婚式の場合、パンツスーツは避けた方がベターです。露出は控えめにして、肩が出るタイプのドレスの場合はストールかボレロを羽織ります。ネックレスやバッグ、シューズなどの小物はキラキラ光り過ぎるものを避けて。シューズはパンプスが基本です。

夜のパーティーの場合は、シルキーな素材のものや、ラメ、スパンコールなどがあしらわれた光沢感があるドレスを。ノースリーブや胸元が開いたドレスがおススメ。丈はひざ丈~マキシ丈まで幅広く選ぶことができます。昼とは違い、キラキラと光るアクササリーやバッグ、シューズで華やかさを演出して。昼でも夜でもストッキングは必ず着用します。

お呼ばれパーティーのドレスコードのトップ | 結婚式およばれ攻略マニュアルトップ