ドレスの種類にはどんなものがあるの?【マキシ丈編】

華やかな夜の雰囲気が出るくるぶし丈のドレス。

マキシドレスはくるぶしまでか、それ以上の丈の長さがある夜のパーティー向けのドレス。イブニングドレスとも呼ばれ、華やかな雰囲気で存在感が出ます。

マキシ丈のドレスは比較的身体のラインが出やすいデザインが多いので、膝丈のドレスなどに比べて、自分のサイズにぴったり合うものを探すのが難しくなります。また、丈が長く、裾を引きずってしまったりして小柄な人には着こなしが難しいので、ヒールの高い靴を履いたりしてバランスを調整して。逆に自分にぴったりのドレスを見つけられれば、1枚で様になる着こなしができるドレスです。

結婚式でのゲストのマキシドレス着用については、完全なマナー違反とはされていませんが、マキシドレスは本来夜のパーティーで着るものである上に、目立ちます。そのためゲストでマキシ丈のドレスを着る人は少なく、悪目立ちしてしまう可能性も。結婚式のゲスト用としてマキシドレスを着用する場合は、なるべくシンプルな色で、落ち着いた上品なデザインのものを選んで。また、結婚式では肩を隠すのがマナーですが、マキシ丈ドレスは1枚で着るのが一番綺麗に見えるドレスなので、ドレスに合う羽織ものを見つけるのが難しいかもしれません。ボレロよりもストールの方が比較的バランス良く着こなせます。

お呼ばれパーティーのドレスタイプのトップ | 結婚式およばれ攻略マニュアルトップ