【冬編】寒い時期の結婚式には長袖の衣装を着た方がいいの?

ドレスは冬でも袖なしか半袖が基本。素材や色、羽織りもので工夫して。

寒い冬でも基本ドレスは袖なしか半袖で、袖なしの場合はドレスの上にボレロかストールを羽織る形になります。長袖を着るのもマナー違反ではありませんが、袖ありのドレスはそもそもデザインが少ないでしょう。寒いのでは?と心配になるかもしれませんが、会場内は暖房が効いていて意外と暖かいもの。ただ、春夏と同じような軽い素材のドレスを着ると、見た目も寒々しくなりがち。ドレスの素材はベロアやジャガード素材のものを選ぶと華やかな雰囲気を損なわず、季節感も出て暖かいのでオススメです。色は、春夏よりワントーン落とした落ち着いた色合いのもの(ワインレッド、ディープグリーン、バイオレット、からし色など)を選ぶと季節感が出ます。また、羽織りものに厚手のものを選べば防寒になります。暖かいファーのボレロも多く出回っていますが、「殺生」を連想させるファーは、結婚式では厳密にはマナー違反なので気をつけて。

結婚式お呼ばれの季節別ドレスアップのトップ | 結婚式およばれ攻略マニュアルトップ