東京/銀座のレンタルドレス/シェアリーコーデ 結婚式二次会パーティー用のゲストドレス専門店

お知らせ

平服ってどんな装いのこと?

結婚式の招待状に時々ある「平服でお越しください」の一言。一体どんな格好で行けばいいのか迷いますよね。平服というと普段着で良いような印象を受けますが、平服とは、略礼装=礼装でなくて良いが、改まった場所に出て恥ずかしくない格好のこと

礼装には、正礼装と準礼装があり、最も格の高い礼装が正礼装で、これは皇室の行事などでみられ、あまり一般的ではありません。結婚式では新郎新婦の衣装と一部の親族の衣装がこれにあたるくらいです。正礼装に準ずる改まった装いが準礼装。一般に結婚式のゲストの装いは準礼装にあたります

ですから、「平服で」とあった場合は、通常のゲスト用ドレスほど改まらなくても良いのですが、ワンピースやアンサンブル、スーツなどで適度にフォーマル感があり、パーティーらしく華やかさを出した装いが求められます。洋服がドレスドレスしたものでなくてOKというくらいで、コーディネートのポイントは通常の挙式、披露宴参加の場合とさほど変わらないので、間違って普段着やカジュアルな格好で参加しないように注意しましょう。もちろん、花嫁より目立たない、白い衣装は避ける、露出は控えて肩を隠す、ストッキング着用など、結婚式に参加する際の衣装の基本マナーも守って。

お呼ばれパーティーのドレスコードの最新記事