東京/銀座のレンタルドレス/シェアリーコーデ 結婚式二次会パーティー用のゲストドレス専門店

お知らせ

結婚式でのドレスアップのポイントは?

結婚式ではマナーが大切になってくるので、基本のマナーを抑えた上で、全体のバランスを考えながらなりたいイメージに合わせてコーディネートしていきましょう。ドレスの選び方については別項目で紹介しているので、ここでは小物のコーディネートのポイントをご紹介します。

<羽織もの>

袖のないドレスを着る場合には必須の羽織もの。ボレロはかわいい印象に、ストールは大人っぽい印象になります。動きやすいのは断然ボレロ。羽織ものであれば白っぽいベージュを選んでもOKですが、ドレスがベージュ系の場合は、全身白っぽい印象になるのを避けるため羽織ものはブラックを選んで。ベージュの羽織ものは明るい雰囲気に、ブラックの羽織ものは引きしまった印象になります。ドレスのウエストマークや、ワンポイントなど、ドレスの小面積に使われている色と同系色の羽織ものを用いると、まとまりが出ます。同じ羽織ものでも、合わせるドレスのデザインや色によって印象がかなり変わるので、必ずドレスを着た上から試着してみましょう。

<バッグ>

何かと荷物が多くなる結婚式では、大きめのバッグの方が便利ではありますが、大きめのバッグはコーディネートによってはバッグだけ浮いてみえる心配も。小さなバッグの方が断然見た目の可愛らしさがあり、フォーマル感が出ます。また、四角いフォルムのバッグはクールな印象に、丸っこい形のバッグは柔らかく可愛らしい印象になります。大人っぽさを出したければクラッチがオススメ。

<シューズ>

ミュール、サンダルはマナー的にNGなので、パンプスかストラップ付のシューズを。つま先やかかとが少し空いている程度のデザインは許容範囲です。ヒールは高ければ高いほど、脚は綺麗に見えます。フロントにストラップのついているものが歩きやすくてオススメですが、ストラップによって脚が分断されるので、人によっては脚が太く見えたり、短く見えたりする可能性もあるので注意。また、ラウンドトゥ(つま先が丸いデザイン)は可愛い印象、ポインテッドトゥ(つま先が尖っているデザイン)はクールで大人っぽい印象と、シューズはつま先の形によっても印象が変わります。

<アクセサリー>

基本的に昼間の式ではパール、夕方からの式ではキラキラ光るシルバーやゴールドのタイプを。ドレスの襟ぐりとネックレスのたれ感とのバランスに気をつけて選んで。上半身にあまり飾り気のないドレスの場合は、ボリュームのあるデザインや、花やリボンなどワンポイントになるモチーフのあるデザインがオススメ。また、ロングネックレスをして胸元にコサージュをつけたりするのも素敵です。逆に上半身にポイントのあるドレスの場合は、ネックレスをシンプルにしたり、ネックレスをせずにイヤリングやピアスをするのもアリ。襟ぐりが大きくあいたドレスの場合は、ネックレスをしないと間の抜けた印象になりやすいので注意して。

全体のバランスとして、ドレスに合わせる小物の色を合わせると、統一感が出てまとまった印象になります。しかし無難な雰囲気にもなりやすいので、よりオシャレな雰囲気にしたい場合は、小物の色をどれか一点外してみましょう(ドレスの色がベージュの場合、他の小物をブラックで統一してバッグを赤にするなど)。ドレスがベージュやブラック、ネイビーなどのベーシックカラーの場合に挑戦してみると、効果を発揮しやすいオススメテクニックです。