東京/銀座のレンタルドレス/シェアリーコーデ 結婚式二次会パーティー用のゲストドレス専門店

お知らせ

ナプキンはいつ膝にとればいいの?

乾杯が終わり、着座して主賓がナプキンを広げ終わったら、他のゲストもナプキンを手に取ります。乾杯の前などに広げてしまうと食い意地がはっているように見られかねないので注意。

ナプキンは二つ折りにし、折り目を手前側(自分側)にして膝の上へ広げます。決して1枚にして広げないこと。指や口元を拭う時には、折りたたんだ内側の部分で拭くようにすると、汚れた部分が外側に出ず見た目がキレイ。自分のハンカチを使うと、「ナプキンが汚くて使えません」という意味になるので遠慮せずにナプキンを使いましょう。ただ、あまり頻繁に口元を拭うのは見苦しいので、料理を何口か食べた後、飲み物を飲む前にグラスが汚れないように少し口元を拭くなど、タイミングを絞って。

また、グラスやお皿、テーブルを拭くのにナプキンを使うのはタブ―です。グラスにリップの汚れなどがついてしまった場合は汚れを指先で拭い、その指先をナプキンで拭くようにします。

中座する時はナプキンを軽くたたんでイスの上へ。テーブルの上に置くのは食事が終わって席を立つ時のサインなので間違えないように。

パーティーが終わって帰る時には、前述のように、軽くたたんだナプキンをテーブルの上に置きます。キレイにたたみ過ぎると「料理がおいしくなかった」という意味になるのでたたみ方は軽くでOK。

結婚式・披露宴・二次会の食事マナーの最新記事